読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾッとして。

日常でちょっと、ゾッとしたおはなし。

こわいはなし。帰り道。

 

これは、わたしが今までで1番ゾッとした体験である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊んだ帰り、すっかり遅くなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間は午前零時を回ろうとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運転しながら好きな音楽を聴く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『~♪』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海中トンネルをくぐり抜け、カーブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜も遅くなると、車の通りも少なくなるものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイスイと車を走らせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーブの先はいつも日中、何か工事をしているが、この時間は流石に誰もいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街灯も殆どなく、この道の先を曲がるまではとても暗い道だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『……?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かが路肩にいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『……イヌ?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、飛び出して来たら危ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大型犬のような、黒いものが路肩にいるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

減速して確認する事に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『……』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『…………!!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 


f:id:nyarome12:20161019163809j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が伏せている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがオカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全身、指先まで真っ黒。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い髪を振り乱し、伏せている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……ひとじゃない……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう感じた途端、それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭をこちらに向けて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしを見ようとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:nyarome12:20161019163908j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『……やばい!!!!!!!!!(えー!なんで顔だけ肌色!!??)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急加速!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信号も運良く青。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノンストップですぐさま帰宅した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『やばいやばいヤバイバイバイバイヤバいやばい!!!!!!!!!!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドタドタと一目散に台所へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目に入ったのは【沖縄の塩】!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片手に山盛り取り、とにかくジャリジャリと擦り合わせた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母『おかえり。どしたのアンタ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんな体験、もう二度と出来なくて良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと目が合った瞬間、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああいう人?

 

ああいうもの?

 

は、

 

いきなりフロントガラスに張りついて来たりするのだ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある

 

 

はなシ

である

 

 

 

 

 

 

帰りミチ

 

 

 

 

 

 

気をつけないと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネ??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引きズリ込マれ

 

ないで。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
f:id:nyarome12:20161019165814j:image