読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾッとして。

日常でちょっと、ゾッとしたおはなし。

こわいはなし。家電(イエデン)。

 
 
父は仕事。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
母はお出かけ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
休みの日、わたしと兄だけで家にいた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プルルルル……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プルルルル……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『あ、電話……うーん……。。』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
わたしはあまり家の電話に出るのは好きでなかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうせ留守電も付いている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家電は、出たとしても勧誘やらよくわからないアンケートが多い。
用事があるなら携帯にかける人がほとんどだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一応、電話の前には立ってみた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『留守電に入ってるかな?………………ん???』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
《      通話中      》
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『……んん???……』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二階には子機が置いてある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なので、二階で電話している時このマークは出る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マークはずっと付いている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『お兄ちゃーん?』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
居間のすぐ隣に兄の部屋があるので、呼んでみた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すぐ隣の部屋からドアを開け、兄が出てきた。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「なに?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『あ、やっぱ居た笑。。ねぇ、これ誰だと思う?』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「……電話してんの?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『さっきかかってきたやつ、留守電に入ってるかな?って思って今見たら通話中になってるの……。』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「二階……?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
確かに、母親は出掛けた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
父親は仕事……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誰?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2人で、ゆっくり、静かに……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武器になりそうな物まで持って、階段を上がった。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドアからすぐ目の届くところに子機は置いてある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『開けるよ……』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「うん……」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キィ……。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『……?』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子機は充電器に、置かれていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
部屋中見渡す。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隣の部屋、ドアの間まで見渡す。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子機を見てみるが、通話中にも何もなっていない。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『親機の画面が故障したのかも?……』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2人でまた居間へ戻る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
電話の画面をのぞき込むと……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『「消えてる……。」』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
《      通話中      》
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
その文字が付くには、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずこちらで誰かが受話器を取り、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
相手もこちらも切らない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
という行為を行わなければならない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もし何かの不具合で繋がったのだとしても、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無言電話を3分~5分も相手が続けるだろうか?……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:nyarome12:20160824132321j:image
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その日はもう、電話は鳴らなかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
用事は伝わったって事?……だろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
親に聞いてみても
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「その時間なんてとっくに出掛けてたでしょ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「電話なんか掛けてないよ?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうだよね。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誰が受話器を取って、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誰がそいつとはなしたのか……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:nyarome12:20160824132357j:image
 
 
 
 
 
 
 
 




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 せめて、かけて来た人には足がある事を願う。