読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾッとして。

日常でちょっと、ゾッとしたおはなし。

こわいはなし。帰り道。

これは、わたしが今までで1番ゾッとした体験である。 遊んだ帰り、すっかり遅くなってしまった。 時間は午前零時を回ろうとしている。 運転しながら好きな音楽を聴く。 『~♪』 海中トンネルをくぐり抜け、カーブ。 夜も遅くなると、車の通りも少なくなるも…

こわいはなし。家電(イエデン)。

父は仕事。 母はお出かけ。 休みの日、わたしと兄だけで家にいた。 プルルルル…… プルルルル…… 『あ、電話……うーん……。。』 わたしはあまり家の電話に出るのは好きでなかった。 どうせ留守電も付いている。 家電は、出たとしても勧誘やらよくわからないアン…

こわく…は、ない話。お地蔵さま。

専門学生の頃、アパート暮し。結構な田舎にある専門学校だったので、ほぼ学生はアパートを借りて暮らしていた。(今思うと、ほんとに楽しい環境である。)彼氏とも半同棲、学生ならではの時間を自由に活用出来る暮らし。昼夜逆転しても平気。夜中からゲームセ…

こわいはなし。お風呂にて。

お風呂。シャンプーしていると、洗面所の方から視線を感じた。『?』そちらを振り返るが、誰もいない。こういう時上から見てる……とか言うよなぁ……。。。ぞくっ……。普通に、こわい。はやくシャンプーしてしまおう。シャーーー……ザバーッ……『ふぅ。。』やはり…

こわいはなし。非通知の電話。

わたしが高校生の頃である。もう今ではガラケー扱いだがカラー画面の携帯電話、カメラ機能付き!着信音が64和音!iモードなどが全盛期の頃である。子供1人に携帯持たせるようになり始めた時代。。まず友達になったら『ケー番、メアド教えてよ♪』の時代であ…

こわいはなし。朝の駅にて。

社会人なりたて。まだ車の免許も持っていない頃の話である。バスに乗って駅まで行って駅の裏まで歩いて、そっからまたバス。。朝の通勤ラッシュはキツイ。ラッシュはほぼ駅前に向かって人が歩いてくるのでわたしはその波に逆らわなければならないのだ。「あ…

こわいはなし。山にて。

10数年前の紅葉の時期の事である。わたしがまだ学生の頃、当時から付き合っていた彼(今後も多々登場するであろう今の夫である)と山へドライブに出掛けた。海も近ければ山も近く、いわゆる田舎。紅葉ならいっそのこと山へ入ってしまえ!ということで車で山道…