読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾッとして。

日常でちょっと、ゾッとしたおはなし。

こわいはなし。帰り道。

 

これは、わたしが今までで1番ゾッとした体験である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊んだ帰り、すっかり遅くなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間は午前零時を回ろうとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運転しながら好きな音楽を聴く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『~♪』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海中トンネルをくぐり抜け、カーブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜も遅くなると、車の通りも少なくなるものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイスイと車を走らせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーブの先はいつも日中、何か工事をしているが、この時間は流石に誰もいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街灯も殆どなく、この道の先を曲がるまではとても暗い道だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『……?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かが路肩にいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『……イヌ?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、飛び出して来たら危ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大型犬のような、黒いものが路肩にいるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

減速して確認する事に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『……』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『…………!!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 


f:id:nyarome12:20161019163809j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が伏せている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがオカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全身、指先まで真っ黒。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い髪を振り乱し、伏せている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……ひとじゃない……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう感じた途端、それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭をこちらに向けて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしを見ようとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:nyarome12:20161019163908j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『……やばい!!!!!!!!!(えー!なんで顔だけ肌色!!??)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急加速!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信号も運良く青。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノンストップですぐさま帰宅した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『やばいやばいヤバイバイバイバイヤバいやばい!!!!!!!!!!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドタドタと一目散に台所へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目に入ったのは【沖縄の塩】!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片手に山盛り取り、とにかくジャリジャリと擦り合わせた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母『おかえり。どしたのアンタ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんな体験、もう二度と出来なくて良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと目が合った瞬間、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああいう人?

 

ああいうもの?

 

は、

 

いきなりフロントガラスに張りついて来たりするのだ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある

 

 

はなシ

である

 

 

 

 

 

 

帰りミチ

 

 

 

 

 

 

気をつけないと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネ??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引きズリ込マれ

 

ないで。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
f:id:nyarome12:20161019165814j:image

こわいはなし。家電(イエデン)。

 
 
父は仕事。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
母はお出かけ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
休みの日、わたしと兄だけで家にいた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プルルルル……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プルルルル……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『あ、電話……うーん……。。』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
わたしはあまり家の電話に出るのは好きでなかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうせ留守電も付いている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家電は、出たとしても勧誘やらよくわからないアンケートが多い。
用事があるなら携帯にかける人がほとんどだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一応、電話の前には立ってみた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『留守電に入ってるかな?………………ん???』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
《      通話中      》
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『……んん???……』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二階には子機が置いてある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なので、二階で電話している時このマークは出る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マークはずっと付いている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『お兄ちゃーん?』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
居間のすぐ隣に兄の部屋があるので、呼んでみた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すぐ隣の部屋からドアを開け、兄が出てきた。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「なに?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『あ、やっぱ居た笑。。ねぇ、これ誰だと思う?』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「……電話してんの?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『さっきかかってきたやつ、留守電に入ってるかな?って思って今見たら通話中になってるの……。』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「二階……?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
確かに、母親は出掛けた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
父親は仕事……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誰?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2人で、ゆっくり、静かに……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武器になりそうな物まで持って、階段を上がった。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドアからすぐ目の届くところに子機は置いてある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『開けるよ……』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「うん……」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キィ……。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『……?』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子機は充電器に、置かれていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
部屋中見渡す。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隣の部屋、ドアの間まで見渡す。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子機を見てみるが、通話中にも何もなっていない。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『親機の画面が故障したのかも?……』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2人でまた居間へ戻る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
電話の画面をのぞき込むと……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『「消えてる……。」』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
《      通話中      》
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
その文字が付くには、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずこちらで誰かが受話器を取り、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
相手もこちらも切らない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
という行為を行わなければならない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もし何かの不具合で繋がったのだとしても、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無言電話を3分~5分も相手が続けるだろうか?……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:nyarome12:20160824132321j:image
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その日はもう、電話は鳴らなかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
用事は伝わったって事?……だろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
親に聞いてみても
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「その時間なんてとっくに出掛けてたでしょ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「電話なんか掛けてないよ?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうだよね。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誰が受話器を取って、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誰がそいつとはなしたのか……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:nyarome12:20160824132357j:image
 
 
 
 
 
 
 
 




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 せめて、かけて来た人には足がある事を願う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こわく…は、ない話。お地蔵さま。





専門学生の頃、アパート暮し。









結構な田舎にある専門学校だったので、ほぼ学生はアパートを借りて暮らしていた。(今思うと、ほんとに楽しい環境である。)









彼氏とも半同棲、学生ならではの時間を自由に活用出来る暮らし。









昼夜逆転しても平気。









夜中からゲームセンター、そこから朝方までドライブなど良くしていたものだ。









早朝の空気は本当に気持ちよく、田舎道も車1台通らない。











誰も歩いていない。















「キレイなところがあるんだけど、行ってみない?」









『行きたい!』













よくわからない道を迷いながら彼は連れて行ってくれた。









そこは、海の上……??









海の上にぽこぽこと小さな島があり(実際は断崖)、橋で足場が組まれている。









鳥居をくぐって歩いて行く。











f:id:nyarome12:20160725184927j:image













何とも幻想的。非現実的。











その頃はパワースポットなんて言葉なかったが、確実にパワースポットである。










奥には小さな神社。










少し降りたところには小さな滝もあり、お地蔵さま(実際は滝不動というもの)が。









『わぁー!滝!』








「いいとこでしょー」









『お地蔵さまもいるね。国試受かるようにお願いしないとー(゚`ω´ ゚)゚』















「『どうか、どうか。よろしくお願いします!!!』」










 






















(また、おいで)



























『え?何か……』









「……ん?」











『いや。。何でもない( ´ ▽ ` )』















 


フシギと怖くなく、むしろ嬉しくなった。














明るく、優しい声が聞こえた。


























実家に帰った時、その話を家族にした。








 
「祠じゃなくて良かったな。」










父が丁度小説で読んでいたのが、転んだ先にあった祠にぶつかって呪われたという内容だったらしい。笑
 









「アンタは子供の時からそんな事言ってたからね、何かあるんだろうね?」








誰もいない放課後、友達と話してたら下駄箱がいきなりガタガタした。(ポルターガイスト?)








とか。









白いボールがずーっと浮いたまま落ちて来なかった。(UFO?魂?)










とか。














あぁ、そうだ。昔からわたし……。













  




変な事言うな。








疲れてるだけだよ。









など言わず、受け入れてくれる家族がいて。受け入れてくれる彼、友達がいてその時は幸せな気持ちになった。


























また行きたいな。































f:id:nyarome12:20160725185707j:image

こわいはなし。お風呂にて。




お風呂。






シャンプーしていると、洗面所の方から視線を感じた。







『?』











そちらを振り返るが、誰もいない。











こういう時上から見てる……とか言うよなぁ……。。。













ぞくっ……。






普通に、こわい。






はやくシャンプーしてしまおう。













シャーーー……ザバーッ……












『ふぅ。。』


















やはり何か違和感を感じる。。

















身体も急いで洗う。



















もういっその事、洗面所側を向きながら洗う。




















すりガラスの扉、向こうには何もいない。





















何もいないのだ!







いないんだから。見ていれば、安心だ!!!































f:id:nyarome12:20160626193831j:image



























すっと現れ、じーっとこちらを伺っている。























そして消えた。
























『…………。(やばいやばいやばいやばい)』




















固まっていると、居間のある方から子供のキャッキャいう声が聞こえた。






















あぁ!!!なんだ、そうか!!!






誰か来てるのか!!!



















ザバーッザバーッ



















湯船で温まる間もなく急いで身体を拭き、家族のいる居間へ行く。





















『ねぇ!誰が来てるの!!!』





















「はぁー?」
























……この家、絶対何かいるーーー泣。。


















座敷童子だと思う事にした。

































ソウ












イテモ イインダネ















f:id:nyarome12:20160626202033j:image

 







ズット












ミテルヨ














こわいはなし。非通知の電話。



わたしが高校生の頃である。





もう今ではガラケー扱いだがカラー画面の携帯電話、カメラ機能付き!着信音が64和音!iモードなどが全盛期の頃である。






子供1人に携帯持たせるようになり始めた時代。。






まず友達になったら




『ケー番、メアド教えてよ♪』





の時代である。







今はLINE、便利だよね。















その頃、携帯電話大好きだったわたしは、用もないのに毎日毎日友達とメールし合ったり電話し合って過ごしていた。












ある日いつものように携帯電話が鳴ったので見てみると、





【非通知】……






悪ふざけで友達から非通知でかかってくる事もあったので、出てみる。









『……サー……ー……………ーーー………』









空気の擦れるような音以外、何も聞こえない。










「もしもーーし??」











『…………サー……ーー…………』







  



「誰ですかー??切りますよー??」









『…………』










ピッ。



「誰だろ。ま、いいや。」











後日。









〜♪




【非通知】







「ん、また非通知か。もしもーし!」












『…………サー…………ーー……』













「イタズラのつもり?誰??」













『…………サー…………ー……』












ピッ。












まぁ、気にせず過ごしていたが日に日に頻繁にかかってくるようになるのである。











~♪




【非通知】









「……」









『……サー…………ごそっ』











「……?」










  
『ごそ……ごそっ……ゴソゴソ…………ゴソ。ゴソゴソ。ゴソ!ゴソ!ゴソ!ゴソ!ゴソ!ゴソ!ゴソ!ゴソ!ゴソ!ゴソ!』











「……なに……。」













その日は何かが激しく擦れるような音がした。





まぁ……多感な時期である。笑





これは変態だ!!!と、すぐに気付き切った。













「ねぇー、お兄ちゃん。なんか最近非通知がかかってくるんだけど、しつこくってさ。」




「それは気持ち悪いね。あっちに電話料金思いっきりかけさせてやれば止めんじゃない?」






「そっか笑。何かむかつくし、そうしよう!」











そうこうしてるうちにタイミング良くかかってきた。











先ずは兄に出てもらう。



兄妹そろって結構怖いもの見たさ、イタズラするのは好きなのでワクワクした。









 

「もしもし?……誰、お前。」




「何か聞こえる?(小声)」




首を横にふる兄。








「うん、うん、うん、へぇ〜。俺もー。」

 



「え!何か言ってるの??(小声)」





首を横に振る兄。笑




「うん!うん!…………ほへぇ〜???(ふざけた声)」



 


「……ぶっは!なにそれ!!!笑」








こちらから色々仕掛けて行って、10分程度はつながったままだが相手は切らない。








反応がないのでつまらなくなり、とりあえずはTVの横に置いてTV観ながらほっとく事にした。






ガラケーは画面こちらに向けてどこにでも置けるので便利である。








 


それから10分経っても、30分以上経っても切れない……。






わたしの携帯の電池の方が先に切れてしまった。








「はぁ、長丁場だったな。まぁコレで懲りるでしょ……」






充電し始めたらまたすぐかかってきた。







「えっ。。ちょっと……しつこいって!」







その日はもううんざりしたので、ドライブモードという便利な機能をつかって(携帯いじっていても着歴が残り、電話はつながらなくなる。)しのいだ。







履歴に5件とかの微妙なラインではあるが笑……こわいというよりか、なんだかもううんざりしてきたので非通知を拒否する設定にした。











まぁ、非通知を相手にすること自体が間違いだったのだが。











専門学校にあがり、もう月日は3年以上経っていた。







ある日の事、非通知がかかってきて困ると友達の会話から聞こえてきた。








アパートに帰ってからふとその話題を思い出したわたしは、そういえばあの非通知の設定ってずっとなったままなのかな??



と、無性に気になってしまった。











設定の番号にかけてみる。




音声案内によると非通知の拒否設定はオンになっていたようだ。










「ほうほう、1回すれば何年経っても設定は続くのか。」












何年かぶりなので、ちょっと試しと思い非通知設定をオフにしてみた。







「なんか懐かしいなー」







ピッ。











待ち受け画面に戻した、





その瞬間である。














~♪











【非通知】












「えっ!?…………」








……








「……もし……も……し?」













『…………サー…………ーー…………』











「……あ……っ!!!」












『…………サー………ーー………やっと


f:id:nyarome12:20160620184704j:image



「っっ!!!」










ピッ。












「まさか……っ。ずっとかけてたの?……」











~♪





【非通知】







ピッ!





「いやだ!」
















~♪






【非通知】







ピッ!!!





「止めて!!!」











指先が震えてうまく番号が押せなかったが、とにかく急いで非通知の拒否設定をした。











「ハァ……ハァ……」



















もう、非通知設定は絶対解きたくないのである。

















誰なの?……














こわいはなし。朝の駅にて。




社会人なりたて。



まだ車の免許も持っていない頃の話である。









バスに乗って



駅まで行って



駅の裏まで歩いて、



そっからまたバス。。










朝の通勤ラッシュはキツイ。












ラッシュはほぼ駅前に向かって人が歩いてくるので



わたしはその波に逆らわなければならないのだ。














「あー、もうっ……」













とにかく端を歩く。




狭い……。











油断したら人にぶつかって転んで、



踏み潰されてしまうだろう。













「はよ車の免許とろ……。」














必死に駅裏方面まで歩く。














そうこうしていると、



ぽっかりと空間が出来た。














「……?」














こんな混雑時に、



こんな広い空間がわざわざ出来る事なんてあるか??












不思議に思い



ふっと顔を上げ、



そちらを伺った。















「…っっ!!!!!!」















見てはいけない!!!!!!
  


と、



本能で思った。















真っ黒い
 





影が














女の人のカタチをした





影が















歩いていたのだ。










  



f:id:nyarome12:20160618235253j:image










皆気付いていない……?







無意識で避けて歩いている。












無意識でそちらに近寄ってはいけない、








本能で避けている……?

















気付いたことに





気付かれたら





絶対やばいやつ。

















必死に駅裏に抜けて





バスに飛び乗り、





無事に出勤をした。


















帰りじゃなくて






良かったね。














付いてこなくて?



……




f:id:nyarome12:20160619000751j:image

こわいはなし。山にて。



10数年前の紅葉の時期の事である。


わたしがまだ学生の頃、当時から付き合っていた彼(今後も多々登場するであろう今の夫である)と山へドライブに出掛けた。






海も近ければ山も近く、いわゆる田舎。

紅葉ならいっそのこと山へ入ってしまえ!ということで車で山道へ。





どんどん坂を登って行く。

丁度キレイなところへ出たら止まって、また登って。





「キレイだねー!」

「真っ赤だねー!」





とってもキレイで、あっという間に山頂へ。

さて、降りて見ようか?と思って車の位置を調整していた矢先の事である。












『ぁ……ぁあァァぁぁぁぁ……』












「えっ!?……」

きょろきょろ見渡すが、何も……

「どしたの?」


「ちょ、今何か言った!?」

「いや?」


「変な声が……」

「えっ?」











確かに、わたしが助手席なので……右後ろから聞こえたのだ。







女の人の、苦しそうな声。

呪怨カヤコさんみたいな……。











「変だな……」

「何だろね?」












反対側も向こうと、彼がUターンする。







と、







 






『……ぅ……ぅぅうウ… 

「!!!」
「何!」

ぅぅぅぅううううー』







f:id:nyarome12:20160619014538j:image















今度は、男の人のうめく声が反対から。

左後ろから。。












「今今、今何か言ってたでしょ!?」

「言ってないよ!」






「聞こえた!聞こえた!!!」

「え、なんか怖いから帰るよ!?」

「うんうんうん!はやく!」












急いで下山。

謝りながら。。笑








「すみません!すみません!何も知らなかったんです!紅葉がただただ綺麗で山に入ってしまいました!」

「すみませんでしたー!ごめんなさいー!」








無事、下山。








後に彼に説明したが

「俺は何も聞こえなかったよ。。」













あんなにハッキリと声を聞いたのは初めてだ。














窓も、閉まっていたのに……………………。














きっと、

発信元は、、
























わたしの













耳元だったのだろう。























車の中にいたんだね。


















f:id:nyarome12:20160618202524j:image